仙台納骨堂の会社設立・オフィス

会社設立情報マニュアル 仙台納骨堂の会社設立2

仙台納骨堂の会社設立情報マニュアル

仙台納骨堂の会社設立情報マニュアル

商号について

商号とは、「商人がその営業活動において自己を表示する名称」のことです。
今までは同一市区町村内では、同じ商号(会社名)や類似している商号では、同一の事業目的では会社を設立できませんでしたが、新会社法では同一住所で同一商号でなければ使用することが出来るようになりました。
しかし、既に設立されている有名企業(ソニー、シャープ)などと似たような商号をつけることは出来ません。
これに関してはしっかりと決まったことはないのですが、社会的認知度の上で判断すれば問題ないと思います。
もしも有名企業や近隣の企業と同じ商号をつけた場合、不正競争防止法や商標登録などの関係で損害賠償や商号の使用禁止を請求される恐れがありますので十分注意してください。
また、ご自身の考えた商号が近隣の企業、会社と類似していないか、法務局で無料で調査(類似商号調査)してくれますので、必ずこちらをご利用することをお薦めします。

事業目的について

会社は定款で決めた事業目的の範囲内でしか営業活動を行なうことができませんので、将来行なう可能性がある事業の内容は設立の時点で入れておきましょう。
変更するには、定款の変更、登記の内容の変更などの手続きでさらに経費が必要になってきますので、事前に決めておくといいでしょう。

定款に記載する事業目的の文言ですが、

をしっかり記載したものでなくてはいけません。

設立登記申請の際、担当する各法務局の登記官によって判断が異なる場合もありますので、事前に類似商号調査と一緒に管轄の法務局で調査することをおすすめします。

本店の住所について

設立する会社本店の具体的な所在地を記載します。
特に制限はありません。
最初は自宅を本店とするケースも多いです。

類似商号の調査を行う法務局(登記所)が特定できれば最小行政区画である市町村(東京23区や政令指定都市の場合は区)までで問題ありません。

その市町村内で本店移転をした場合には定款変更の必要がないというメリットがあります。
賃貸物件を本店所在地にする場合は、事務所としての使用が認められないことがあるので、仙台納骨堂の会社設立まえに、貸主に使用の許可をとっておく必要があります。

発起人の決定について

「発起人」とは定款を作成したり、会社を設立する一連の手続きを担う人のことです。株式会社を設立する場合は発起人設立(家族や友人など限られた者が資本金を出資し、仙台納骨堂の会社設立の際、発行する株式をすべて保有する方法)と募集設立(多くの人から資金を集め、幅広く株式を所有してもらう方法)がありますが、現在は発起人設立の方法が主流になっています。これは発起人設立は小規模の仙台納骨堂の会社設立に有利であるのに対し、募集設立は大規模会社向きで手続きも比較的難しいためです。



仙台納骨堂の会社設立情報マニュアルページTOPに戻る