仙台納骨堂の会社設立・オフィス

会社設立 オフィスのエリア・部屋別

仙台納骨堂の会社設立情報マニュアル

仙台納骨堂の会社設立情報マニュアル

打ち合わせスペース

打ち合わせスペースは気軽に利用することが大事です。
打ち合わせスペースを作る際には

などに注意しましょう。執務スペースに打ち合わせスペースを併設して部門内メンバーとのコミュニケーションを円滑にすることも重要な機能です。
外部の人と使用する打ち合わせスペースは動線やセキュリティを考慮してレイアウトしましょう。

会議スペース

会議室を作る際には使用目的にあわせたレイアウトやデザイン、設備を考えましょう。
会議室をつくるポイントとして

更衣スペース

更衣スペースは基本的に、着替えをする、衣服や私物を保管する場所です。
特に女性にとっては制服の有無に関わらず私物の収納を含み必要な機能スペースです。
また更衣スペースは会社の規模やオフィス面積により休養、休憩スペースが設けられることもあります。
更衣スペースにはオープンスペースとクロースドスペースの2パターンがあります。
オープンなスペースは制服がなく、特に着替えをしない場合で、コート、上着などの格納を目的とし、更衣ロッカーを用いるほかにコートハンガーを使用する場合もあります。
ただしコートハンガーはプライバシーや防犯上あまり好ましくありません。
出来るだけ施錠可能な更衣ロッカーの使用をお勧めします。

応接スペース

応接スペースは外部の方との接客でコミュニケーションをとる重要なスペースです。
応接スペースを作る際のポイントとしては以下のことに考慮しましょう。

リフレッシュエリア

長時間の作業やコンピュータの操作などの業務は働く人に大きなストレスを与えます。
近年はそういったストレスを解消するリフレッシュエリアを設ける企業も増えています。
さらにはリフレッシュするための機能のみならず様々な機能(コミュニケーションや簡単な打ち合わせなど)を併せ持つようなところも登場しています。
そういった観点からも企業におけるリフレッシュエリアの持つ意味が重要になっています。
したがって各家具メーカーもリフレッシュ用の家具を数多くカタログに掲載するようになってきましたので選択の幅が広がっています。
レイアウトする際には専門家も交えて慎重に家具を選びましょう。
またリフレッシュエリアは長時間の使用は仕事に支障をきたすのであまりくつろげるイスなどは選ばないようにするのが無難でしょう。

喫煙対策

「健康増進法」「喫煙対策ガイドライン」などにより、オフィスでの喫煙環境が近年大きく変化しています。
タバコを吸う人、吸わない人がお互いにいやな思いをしないような分煙対策として喫煙室を設置するなど喫煙対策を考慮する企業が増えていますが、喫煙に対する対策として

などがありますが、多くの企業では喫煙室を設ける部分空間分煙が主流ですが、業種や社員の意見をとりいれるなどその企業の実状にあった喫煙対策が望まれます。

エントランス

エントランスは外部の人を迎え接客する場所であり、また企業の顔となりその企業のイメージを決定する大事なスペースです。
したがって注意しなければならない点がいくつかあります。

社長室・役員室

社長室や役員室は、いわゆるプライベートオフィスといわれる高いプライバシーを確保する部屋が多くみられます。その反面どうしてもコミュニケーションが少なくなるという面が発生します。社長室をつくる際の注意するポイントをいくつかあげてみましょう。

喫煙問題

喫煙の問題についてはオフィスの禁煙化が急速に進んでおり、オフィスのレイアウトプランの段階から欠かせないテーマとなっています。
喫煙は健康への影響が大きく、タバコの煙や臭いを嫌う人が多くいます。
その一方で喫煙は個人の嗜好ですから、単純にオフィス内での喫煙を禁止するのも難しいでしょう。
タバコについてはこうした物理的、精神的の両面にわたり問題を解決していくのが重要です。

研修・教育スペース

研修・教育スペースは基本的に会議室に準じた設備ですので、よほどオフィス面積に余裕のない限り会議スペースと兼用する場合が多いようです。
研修・教育は比較的長時間に及ぶことが多いので、環境や家具の選択は疲労を軽減する配慮が必要になります。
レイアウトは講師と受講者がいるのでスクール式配置となり、あまり詰め込まないようにすることが重要で、一人当たりの巾を70cm以上確保し、テーブル間の前後寸法は80cm以上として出入りが容易であることが必要です。

生活支援スペース

社内に飲み物などの自動販売機を設置する場合が考えられます。
自販機は飲料とタバコが一般的ですが、設置場所や台数、種類などに注意しましょう。
また缶、ビン、ペットボトルなどの分別廃棄に配慮しましょう。
このほかに給湯室がありちょっとしたリフレッシュの場としても考えられるようになっています。
事務所衛生基準規則では常時雇用している人が50人以上のオフィスは休養設備の設置が義務付けされています。



仙台納骨堂の会社設立情報マニュアルページTOPに戻る