w 仙台納骨堂の会社設立情報マニュアル 会社設立1
仙台納骨堂の会社設立・オフィス

仙台納骨堂の会社設立情報マニュアル

仙台納骨堂の会社設立に大切なこと、それは「どんなオフィスなら働きやすいか」をイメージすること。
もちろん各種書類の届出、認可等も重要で必要なことですが、これから多くの時間を過ごす場所を「どんなオフィスにするか」ということも大切になってきます。
「どんなオフィスが自社にあっているのか」、それをキーワードに物件探しから仙台納骨堂の会社設立、オフィス作りまでをオフィス管理士がプロの視点からご紹介していきます。

「仙台納骨堂の会社設立」に対して、法律関係の事柄が多く難しいと感じる方もいらっしゃると思います。
しかし、ポイントを押さえ、流れさえ分ってしまえば簡単なことです。

手続きなど面倒だと感じる方は専門家にまかせるという方法もありますが、どうすれば会社を設立することが出来るのかご紹介していきます。

これから起業される皆様の一助としてご利用いただけると幸いです。

定款の作成 定款について

定款(ていかん)とは会社のルールを決めた憲法のようなもので、会社の規則を記載したものです。
この認証が必要なのは株式会社を設立する場合のみで合同会社、合資会社、合名会社を設立する場合には必要ありません。
この定款は一度認証すると原則として変えることが出来ませんので、慎重に作成しましょう。

必要事項を書き作成したら公証人役場で公証人の認証を受けなくてはなりません。発起人全員で行かなくてはいけませんが、委任状があれば代理人だけでも定款の認証をすることが出来ます。
公証人役場というのは全国各地にあり、法務局に所属する国家公務員である公証人が働く事務所のことです。公証人が不在という時もありますので予め予約を入れておくといいでしょう。

また、公証人役場へ直接定款認証を受けにいかない方法で「電子定款認証」というのがあります。
いまは法律改正によって「電子公証制度」がだれでも利用できるようになり、この電子公証制度を利用すれば手続きの際の収入印紙代4万円が不要になります。(紙ではないので収入印紙代が不要)。
しかし、この電子定款認証をするために、電子証明書の取得や、専用ソフトに費用が約10万円もかかってしまいます。
行政書士等の事務所ではこのシステムを導入している所が多いので、そちらを利用するのもいいかと思います。

定款に記載する内容

記載する内容には、必ず記載しなくてはいけない絶対的記載事項と、定款の定めがなければその効力を生じない相対的記載事項(あてはまれば書く事項)、その他法律の規定に違反しない任意に記載できる任意的記載事項があります。

【絶対的記載事項】
  • 商号
  • 事業目的
  • 本店の住所
  • 設立に関して出資される財産の価額またはその最低額
  • 発起人の住所、氏名、割当を受ける株式数およびその払い込み金額

定款に必要なもの

定款には以下の書類、費用が必要になります。
  • 定款(公証人役場の保管用、会社保存用、登記申請用の3通)
  • 印鑑証明書(発起人全員の個人の印鑑証明書)
  • 収入印紙(電子定款認証の場合は不要)
  • 認証手数料(5万円)
  • 謄本手数料(1枚250円)



仙台納骨堂の会社設立情報マニュアルページTOPに戻る